苦しい時の言葉

行く末に、宿をそことも定めねば、踏み迷うべき道もなきかな。